アナタは、早慶にホントに受かりたいですか?では、このBLOGの指針に沿って勉強を進めてみて下さい! きっと、アナタは効率よく受験勉強を進める事ができるはずですよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月になりました。勝負の冬、到来です。

しかし、そんなに緊張する必要もありません。今までどおり基礎を大事しながら本番に合わせていく勉強をしていけばいいんです!

受験生によくあるのは、12月だからといって焦って過去問を始めてしまう形です。

過去の記事にあるように、基礎は、本当に本番でもっとも差がつくところです。

なぜ差がつくのか!?
浪人生ならわかるはずです。入試本番に「やったことがあるけど思い出せない」「答えはわかるけれどもどんな字だっけ・・」なんてこと思いませんでしたか?

早慶の問題は確かに、難しい問題があります。しかし、それより標準レベルの問題もあるんです。受験生を疑心暗鬼にさせるような問題作りをしてきます。

あの早稲田が、慶応が、こんな答えなわけがない。ヒッカケがあるんじゃないか。。。。

本番中、そんな迷いが脳裏をさまよった瞬間、あなたの合否はおのずと出てしまいます。

こういうケアレスミスの1点も、難問の1点も同じ1点です。

しかもテスト得点は、標準偏差方式で出されるので難問を間違えることより簡単な問題を落とした方が、遥かに合否に影響してしまうんです。


でも、よかったですよ!だってまだ12月ですのも。

修正する時間、心の準備をする時間が残されているんですから。まだ、遅くありません。

英単語、英熟語、古文単語。がんばってください!!

たたき込むんです。今しかできないことですよ。

特に直前期は、英熟語をおすすめします。本番問題の答えに直結するからです。
知っていれば○がもらえる問題の多くは、熟語だったりします。


【まとめ】
12月入ったからといって焦らず、今までの積み重ねを継続して、穴を埋めていくような勉強を心がけること!!

励みになりますのでクリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。