アナタは、早慶にホントに受かりたいですか?では、このBLOGの指針に沿って勉強を進めてみて下さい! きっと、アナタは効率よく受験勉強を進める事ができるはずですよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月入りました!勉強の進み具合は、どうでしょうか!?


受験とは、単純なものでいかに単純な作業を、諦めずコツコツやるかです?

少しでも、妥協をしようものならば、容赦なくその穴は広がり、取り返しのつかない事になります!


ところで、皆さん得意教科って持っていますか?

例えば、英語なら結構できるよ!とか、現代文は自信があるとかね…。


この得意教科を持っているっていうことが、これから直前期にかけてモチベーションを支えてくれるのでは、ないでしょうか?

これから、あなた今の想像をはるかに超えるプレッシャーと戦わなくては、なりません!

その時、心の安定剤となってくれるのが、得意科目の存在なのです!



とはいいつつも、早慶を受験する受験生は、1つや2つ持っていて当たり前という事実もあります!

特に、英語。

早慶にホントに受かりたいと思って受ける受験生は、英語はある程度できるのが前提になってきます!

その上で、さらに上位層の受験生は、国語や選択科目までも、仕上げてきます!


しかし、まずは英語ですよ!

周知の事実ですが、早慶並びに国公立でも、英語の配点は他教科よりも、高いです!

ここを見逃しては、いけませんよ。

確かに、1人1人オリジナルの戦略があるでしょう!


私の場合は、恥ずかしながら英語が超得意という部類ではありませんでした。

早慶受験者の平均点より少し上くらいでした。

なので、得意の現代文や日本史で他の受験生と差をつける必要がありました。


早慶は、一つの学部に8~10倍の倍率がかかります。

その中で生き残るには、他人より少しできるだけじゃダメなんですよ。

それでは、受験生の山から抜き出ないのです。


この教科なら負けないという教科も持っておくと、本番で落ち着く事もできます!


是非、今から考えてみて下さい!


すべての方にはこちら

関連記事
スポンサーサイト
今回の記事を読んで何かに気づいたあなたは、このBLOGの常連ですね。




さて今回は、模試についてお話します!

秋に、入るとセンター模試、記述模試、大学別プレなど毎週のように模試がありますよね。

しかし、ただそのせわしさに模試の意義を忘れては、いませんか?

今一度、おさらいしましょう!



模試。受験生を一喜一憂させるコイツですが、やはりある程度は、信用できますよ。

ここで言うある程度っていうのは、偏差値が高い人ほど合格率は高くなるという事です。

なんだ当たり前じゃないか…と思うかもしれませんが、結構深いのです!

皆さんは、偏差値40~の早慶とか耳にした事ありませんか?そして、偏差値が低いのに受かった理由として、志望校に合わせた勉強をしたからと…

確かに志望校に合わせた勉強は、大事ですよ!過去問研究とかね…!

でもそれ以上に、というか10倍くらいに基礎を完璧にする方が大事なんです!

今の時期から過去問を研究する必要はありません!そりゃ多少解いて、到達点を知る必要があるという議論があるかもしれませんが…。
考えて下さい!
英語偏差値50の人が早慶の過去問を解く場合、絶対勘ですよね!?勘でいくら過去問解いたところで、本番に何をいかせるんですか?
たしかに問題を解く力は、大事です。しかし、英語が英語という一つの言語である以上、英語力(その言語力)をあげれば、比例して問題も解けるんですよ!

わかりますよね?
なので、基礎が大事なのです!その基礎力を測る上で大事なのが、模試なんですよ!

ハッキリ言います!
授業と単語熟語構文文法などの基礎力を完璧にすれば、偏差値70は、行くんです!

でもみんなそれができない!僕もけして完璧には、できませんでした!
でも大事な事は、多くの人がそれに気付いていないんですよ。
模試の模範解答を見て、答えの根拠は何?という時、いつも基本じゃないですか!そして、アナタは、あぁそうか…忘れてた…思うだけで終わり…
んでそのまま放置…!

そんな事繰り返して、あげくの果てに焦って過去問解いて、緊張しまくりの本番に一体何をつなげられるんですか?
それに模試で、悪い偏差値でも悩むけど、命を賭けてまでは凹んだり気には、しないでしょう?

アナタは、志望校を何となく早稲田だの慶應だの言ってるんですか?
人生賭けてますか?


まだ上に行ける可能性が1%でもある限り、希望が微かでもある限り、そこに自分のこれまでの人生またこれからの人生の全勢力を賭けるんですよ!!

模試だから、1点失っていいんですか?模試だから見直し1回して寝るんですか?
凡ミスで1点失った、悔しくて泣くぐらい賭けて下さいよ!だって本番は、そうだったでしょ?自己採点中に、この1問あってたら…なんて。

模試をチャランと受けて、本番ミスして凹んでどうするんですか!
毎日が、本番の気持ちですよ!

とにかく模試=本番を常に意識して下さい。


そうこれらは、過去の記事を1部抜粋したものです。

しかし、もう1度再確認して欲しい重要な事だと思ったので、再UPしました!



すべての方にはこちら

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。