アナタは、早慶にホントに受かりたいですか?では、このBLOGの指針に沿って勉強を進めてみて下さい! きっと、アナタは効率よく受験勉強を進める事ができるはずですよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログに参加して頂く場合の留意して欲しい事があります!
これらは、皆さんに気持ち良く、このブログを使って頂くためのものですので、御了承下さいm(__)m

当ブログの対象とする受験生
・早稲田・慶応志望
・浪人生(MARCH蹴りor全滅含む)
・選択科目=日本史
上記のいずれかに当てはまる方。
※上記以外、早慶以外志望、現役生、他選択科目、理系の方でも大学受験に共通する有益な情報をお伝えできるように努めてまいります。

【勉強法の基本スタンス】
すべての教科の勉強方法に普遍的なものはありません。
みんなそれぞれ自分に合った勉強方法で良いのです。自分の勉強を大切にしましょう!


私が受験生に伝えたいことをありのままに伝えるつもりです。
安易に励ます事はしません。時には厳しいこともあるかもしれません。ヤバイ時は、ヤバイと言います!
それは、私自身が受験の現実を経験したから…。

私立文系受験生が早慶に受かるためには、10倍近い倍率の中で東大京大一橋系などの受験生を上回ることが必要です。
早慶は本当に狭き門だということを、絶対に忘れないでください!!
意識が甘い人、うわっついている人は、来春にまた痛い目遭いますよ!
受験は、あなた自身との勝負です。妥協するのは簡単かもしれません。
ただ、妥協せず勝利を自ら勝ち取ろうとした時、人は変わります。
あなたは、どうですか?

あなたの決意のコメント待ってます!!
最後の1分1秒まで諦めないアナタに幸多かれ!

スポンサーサイト
こんにちは。受験戦士と申します。

3月に入り、早稲田慶応の合格発表も終盤を迎えていると思います。
結果に対しての思いも、それぞれあることでしょう。


第一志望学部に合格したアナタ、本当におめでとうございます。敬服いたします。
大学に入っても、気を抜かず自分のペースで充実させていってください。


惜しくも、第一志望には落ちてしまったけれども、早稲田慶応にご入学されるアナタ。
早稲田慶応に合格できたのは、アナタが常に第一志望に本気で勉強していたからでしょう。
その努力は称賛に値します。これからの人生にその努力を活かしていってください。


そ・し・て、

来年、早稲田慶応を受けようと志す、アナタ。

まずは、おつかれさまでした。今年の結果は残念なものだったでしょう。
きっと、いまのアナタには反省点、後悔点、改善点がたくさんあるかと思います。

実際、早慶を受けた方はどうだったでしょうか。
いまの実力と、合格のラインとのギャップは認識したでしょうか。

アナタには、どんな弱点がありますか。どの科目が足を引っ張りましたか。
その科目が苦手な理由なんですか。

英語ならば、単語を覚えていないのか?
長文を読むことが苦手なのか?
過去問で対策しきれなかったのか?・・・


ご自身で洗いざらい自分の弱点を、いま書き出してください。いまです。明日ではなくいまです。
なぜいまか?
屈辱感でいっぱいないまほど、アナタは客観的に自分を見つめなおす機会はないからです。


なぜなら、これから、来年に向かって勉強しだすと、自分に甘いアナタは
「1年あるから頑張れば早慶受かるだろう」という根拠のない心理を持つことがあります。

そういう時、自分の弱点はなんだろうと考えても、できないことを正確に認識しようとしないのです。

だ・か・らこそ、

いまなにをやるべきかと問われれば、

来年への闘志を無駄に燃焼させることではなく、
予備校選びに悩むことでもなく、
現実をうけ入れられず、落ち込むことでもなく、

勇気を出して、もう一回試験問題を持ちだして(当日の感じをできるだけ思い出しつつ)、
なにが原因で、なにが足りなかったから受験に失敗したのかを考えてください。
失敗には、必ず原因があります。

この失敗を、無駄にしないためにも、いまなんです。



アナタが去年「今日は疲れたから」という特例で自分をだまして、勉強をせずに寝てしまったあの日、
早慶を目指すライバルは努力を続けていました。
そして結果、ライバルは合格し、アナタは失敗しました。

そして、いまアナタは再び同じ行動をしようとしています。
その小さな甘えの連続が、早慶不合格という結果に直結していたのでしょう。


アナタは、来年、本気で大学に受かりたいですか。
YESならば、自分を変えましょう。
変えなければ、また同じ結果が待っています。

信じます。


こんにちは。

受験戦士です。


センター試験も終わり、早慶の入試が近づいてきました。

センター試験のデキは、良かった人も思うような結果じゃなかった人も、

一喜一憂しないことです。

なぜなら、アナタの本番は、2月の早慶入試だから。

センターが良くても、それに浮ついて勉強しなければ、あと1か月で確実に

早慶を目指すライバルに差をつけられるでしょう。


センターが悪くても、あと1か月で早慶に合わせた勉強をしっかり逃げずに行えば、

合格することは、夢ではないでしょう。


私は、センターはそもそも受けませんでしたし。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。